ここから本文です

表現 Expression ホームページでの表現

どういうホームページにすれば会社に良い効果が産まれるのか
広報部、ホームページ委員会、担当者、苦悩するところですね。
ホームページに限らず表現の引き出し分けは、文字・構造・イメージに集約することができます。webサイト(ページの集合体)の持つ内実が、最適な状態で、文字・構造・イメージに表現されていれば、魅力も出てきます。そして関連するキーワードでの検索結果でも評価を上げることができます。
 

文字

メニュー・見出し・本文の文字表現
自社の"強み"や、"特色"、目指す"方向性" 等を精査すると良いかもしれません。
はじめは、乱文メモでも、あるいは、ブレーンストーミング会議 等、よく磨き上げるべき"ネタ"を洗い出しましょう。
 

担当以外の社員に、意見を求めるのも良いと思います。
社員が会社をどのように捉え、どのようなヴィジョンを抱くのか、働きかけることで、社内への相乗効果も産まれてきます。
 

構造

サイトの構造表現
例えば、「製品」というカテゴリーに、製品や新製品を並べるより、「事業内容」というカテゴリー階層下に「製品」「研究開発」というサブカテゴリーを設け、どちらにも、製品や新製品を紹介することで、専門性が出てきます。
構造は、文章のように容易に変更できなくなりますので、 構造をどのように構想するかは、重要なポイントであります。
 

イメージ

イメージ表現
ホームページ閲覧者は、なかなか、はじめからじっくり内容を読んではくれません。
多くの場合、まず"印象"で、自分が望んでいる内容を持つサイトかどうかを、判断していると云われています。写真にしても、画像にしても、丁寧な処理持をし、品格を持たせるようにしましょう。