ここから本文です

ホームページシステム選びのポイント

ビジネス用途の中心となるホームページは、 ホームページCMSシステムを使えば大幅にコストダウン出来ます。
(EC(販売サイト)においてもコストダウンは出来ますが、今回は述べておりません)

 

ポイントとして

 

ホームページ出力関連 差異表

ページレイアウト 見出し装飾 文章・画像位置 ページの
非公開保存
1.固定 固定 固定 可・不可
 (又は) 自在 自在 可・不可
2.半自在 固定 固定
 (又は) 自在 自在
3.テンプレート自在 半自在 半自在
 (又は) 自在 自在
4.サイト キット 半自在 半自在 可・不可

 

バックグランド関連 差異表

レンタル区分 システム
カスタマイズ
データ自前保存 データ再現
A.無料レンタル先システム利用 固定 不可(一部 可) 不可
B.有料レンタル先システム利用 半自在 可・不可 不可(一部 可)
C.自社用 低額レンタルサーバー利用 自在 可・不可
又は、データ自前保存可
バックアップ
 有償 オプション
D.自社用 高額レンタルサーバー利用 自在 可・不可
又は、データ自前保存可
バックアップ
  有償 オプション
無償自動バックアップ

 (注意点:低仕様の独自サーバーより、高仕様の共有サーバーのほうが快調な場合もあります)

 

選択例注意点

選択 費用 注意点
1+A 出来ることに制限がある
4+D 必要以上に費用をかけない

これらを総合し、「どのCMSシステムで維持管理するのか選定」し、
思い描くとおりのインターネット展開へ、参照して頂ければ書いたかいがあります。